注目キーワード
  1. COVID-19
  2. 建設業
  3. 補助金
  4. 給付金
  • 2020年6月17日
  • 0件

経営事項審査、受審時期に特例(令和3年1月31日まで)

新型コロナウイルス感染症の影響で、多くのことが延期や中止になりましたが、その影響は経営事項審査にも波及しています。経営事項審査に必要な書類に関しても、提出期限が延長されてことなどから、今回の特例措置を設けることになったようです。 経営事項審査受審時期特例の内容 通常、経営事項審査では有効期間が審査基 […]

  • 2020年6月11日
  • 0件

お問合せいただいた方へ

当サイトの問い合わせフォームからお問合せいただいた方には入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールが送信されています。 もし、自動返信メールが届いていないという場合は、当サイトのドメイン【kg-lo.jp】が受信拒否されている可能性があります。 お問合せいただきました内容はこちらに届いており […]

  • 2020年6月8日
  • 2020年6月8日
  • 0件

休業要請外支援金の行政書士紹介専用ダイヤルは24時間受付

大阪府「大阪府休業要請外支援金」の申請書類に関する事前確認について、大阪府行政書士会では24時間対応の紹介専用ダイヤルを設置しています。 専用ダイヤル:050-3503-4056 自動音声が流れますので、必要事項を回答してください。担当者から翌日(翌営業日)以降にお電話があります。非通知でかかってく […]

  • 2020年5月28日
  • 2020年6月18日
  • 0件

大阪府、休業要請外支援金の申請受付を開始

大阪府は、先日の休業要請対象となっていなかった施設等の運営事業者に対する家賃等の固定費支援などを目的とした支援金の受付を6月1日より開始します。 今日(5月28日)現在では、Webによる事前受付登録のみ開始されていますので、申請を検討されておられる方はまずWeb事前受付を済ませておきましょう。 休業 […]

  • 2020年5月22日
  • 0件

小規模事業者持続化補助金の採択が発表されました

3月31日締切分、小規模事業者持続化補助金の採択事業者が発表されました。 採択者一覧 当事務所がサポートした事業者さまも無事採択され、ホッとしました。 採択率などは今後公表されていくでしょうが、コロナ対応融資や持続化給付金などの情報が飛び交っている最中の締切でしたので、少し様子見をされていた事業者さ […]

  • 2020年5月22日
  • 2020年5月22日
  • 0件

大阪府、休業要請支援金の締切を延長【手続きが必要】

大阪府休業要請支援金の申請期限が5月31日から6月20日まで延長されます。 「休業要請支援金(府・市町村共同支援金)」について 延長にはWebで手続きが必要 ただし、無条件延長ではありませんのでご注意ください。 5月31日までにWeb登録を済ませた場合に限り、申請受付期間が6月20日まで延長されます […]

  • 2020年5月19日
  • 2020年5月19日
  • 0件

持続化給付金への申請サポートを実施中です

今般の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中小企業庁より 5 月 8 日付で「持続化給付金」の電子申請が困難な者への申請サポートについて、協力要請がありました。 「持続化給付金」の電子申請が困難な者への申請サポートのお願い 持続化給付金の申請にあたっては、手続きや必要書類は極力簡素化されており、でき […]

  • 2020年5月7日
  • 2020年5月8日
  • 0件

大阪府の休業要請支援金は今月末が締切

1人当たり10万円の特別定額給付金、個人事業主100万円、法人200万円上限の事業者向け持続化給付金などが補正予算の成立を機に受付が開始されています。 国の施策とは別に各自治体が独自の支援策を打ち出していますが、大阪府も休業要請対象業種の事業者向けに「休業要請支援金」制度を設けています。 「休業要請 […]

  • 2020年4月27日
  • 2020年4月27日
  • 0件

持続化給付金に必要な4つのもの

新型コロナウイルス対策の一環として、返済不要の給付金制度ができるということで大変話題になっていますが、申請要領などが公表されていましたので紹介します。 現時点(2020年4月27日)では、前提となる補正予算がまだ可決されていないのですが、大きく変わることはないと思われます。 「持続化給付金」の申請要 […]

  • 2020年4月20日
  • 0件

鹿島や大林組なども全国で工事中止へ

清水建設、西松建設などが指定7都道府県の全作業所閉鎖へ 清水建設や西松建設に続いて、鹿島建設や大林組、大和ハウス工業も緊急事態宣言の対象区域拡大を受けて、全国の工事現場の作業中止を発表しました。 この流れは建設業界全体に波及していきそうです。